多治見市の地上デジタル(地デジ)対応薄型テレビ・省エネ家電・パソコン・省エネ冷暖房エアコン

パソコンのリサイクル、破棄

パソコンPCリサイクルマーク

・パソコンリサイクルと家電リサイクルの違い
・個人向けパソコンのリサイクル申請は自分でも出来る
・リサイクル料金
・プリンタ等周辺機器はリサイクル対象外
・個人情報の流出
・よく聞く回収業者?


・パソコンリサイクルと家電リサイクルの違い

パソコンと家電は似ているようで、メーカーの供給体制が微妙に違ったり、構成部品が違うためリサイクルの方法が違います。とはいっても、エアコンとテレビでも構成部品は違いますから、リサイクル方法が違うというのはメーカー側の都合でややこしいだけなのですが、現状では残念ながら両方に対応するしかありません。

また、家電リサイクルは後払い、PCリサイクルは先払いのためその点を誤解される方もいらっしゃいますが、PCリサイクルは家庭用では2003年10月から始まっており、その前に購入されたパソコンにはPCリサイクルの先払いをしていないため、先払いをした印であるPCリサイクルマークが付いておりません。

よくわからない場合には、パソコンにPCリサイクルマークが付いているか、いないかで確認していただくと間違いないのですが、パソコンの平均買い替え期間は4.5年ですから、現状ではまだまだPCリサイクルマーク付のパソコンをリサイクルすることはあまりないかもしれません。


・個人向けパソコンのリサイクル申請は自分でも出来る

個人向けのパソコンリサイクルは、多少面倒かもしれませんが個人で申請することも出来ます。冷蔵庫や洗濯機みたいに一人で運べないものではないため、インターネット環境のある方であれば、申請方法さえ理解すれば多く方でも申し込みは可能でしょう。

パソコン3R推進センター

詳しいリサイクル方法は、上のリンクのパソコン3R推進センターのページを読んでいただければわかります。基本的にネット上で申し込んで、クレジットカード決済をするか郵便振込みをするとゆうパックで送るリサイクル伝票が送られてきます。

廃棄するパソコンを箱に入れて、そのリサイクル伝票を貼り付け、郵便局に連絡すれば集配車が自宅まで無料で取りに来てくれますので、重いパソコンを箱に入れ、玄関まで運ぶことが出来れば女性でも出来ますので、リサイクルをする機会があれば一度チャンレンジされてみてもいいかもしれません。

法人向けのパソコンはリサイクル方法が違いますので、メーカーに問い合わせをしなければいけません。統一された方法がないので処理方法が面倒ではありますが、よく個人向けパソコンを混同される方がいらっしゃいますのでご注意下さい。


・リサイクル料金(消費税別)

一応各社ごとに違いますが、基本的にリサイクルマークが付いていないパソコンのリサイクル料金は下記のとおりのメーカーが多く、実質的には標準化されています。念のため一応各社のホームページ上で金額をご確認下さい。

デスクトップパソコン本体  ¥3,000

ノートパソコン本体  ¥3,000

CRTディスプレイ  ¥4,000

液晶ディスプレイ  ¥3,000

CRTディスプレイ一体型パソコン  ¥7,000

液晶ディスプレイ一体型パソコン  ¥6,000


ヨシダデンキ リサイクル収集代行料 1品につき 3,000円〜(収集料込)
                        持ち込み時 500円引き

(リサイクル料金は別途必要、リサイクルマーク付の商品は代行料のみ)


私達が収集し、リサイクルを代行する場合、1品につき3,000円いただいております、本体+モニターであれば、6,000円いただかないといけないので、お手間でなければご自分で手続きをされたほうがいいかもしれません。

家電リサイクルは冷蔵庫、洗濯機のように物理的に運べなかったり、エアコンのように取外しに専用工具と知識が必要な場合には、個人で行うことは実質的に難しいのですが、パソコンをリサイクルするときには、電源コードさえ最初に抜いてしまえば感電することもなありませんので、安心して各種コードを抜いていただいても結構です。


・プリンタ等周辺機器はリサイクル対象外

EPSONプリンター

パソコン本体のリサイクルは、法律で細かく定められ制度もしっかりしていますが、プリンタ、スキャナなどの周辺機器のリサイクルに関する法律は現在ではありません。パソコンにプリンタはほぼつき物でしょうから、リサイクルのシステムを設けてもいいかもしれませんが、プリンタの単価が安すぎるのと、リサイクルしても再利用できる部品が多くないため、各自治体で処分することになっています。

多治見の場合は市役所か支所へ行って粗大ゴミシールを500円で買ってきて、地域の粗大ゴミの日に捨てるか、多治見三の倉センターか、笠原クリーンセンターへ持っていく必要がありますが、短期的な保管場所さえあれば粗大ゴミの日に捨てることが一番コストがかかりません。

私達も一応収集を行っておりますが、わざわざ1件ずつのために収集しなければいけませんので、効率が悪く収集廃棄の手数料として、3,000円〜いただかないといけないため、あまりオススメできませんが手間を省きたい方はご利用下さい。

 ・多治見市三の倉センター 燃えるゴミ、破砕ゴミを引き受けてくれます

 ・多治見市笠原クリーンセンター ごみは一通り引き受けてくれます

 ヨシダデンキ PCリサイクル対象外パソコン周辺機器 収集廃棄料 1品 ¥3,000〜


・個人情報の流出

ハードディスクhdd

パソコンは個人情報の塊で、10Gしかない今となっては使い物にならないハードディスクでも、写真だけなら数万枚、住所録だけなら世界の人口66億人(07年11月時点)がすべて入るような、実は膨大な量のデータを収納することが出来ますから取り扱いに注意しなければいけません。

リサイクルをする前にハードディスクをフォーマットしたから安心、と思われている方もいらっしゃいますが、一般のフォーマットではデータを消すことは不可能です。詳しく説明すると長くなりますからはぶきますが、普通のフォーマットではデータが中にまだ残っているため、中身のデータをすべて消す通称「ゼロフォーマット」という特別なフォーマットをしなければハードディスクの中身を消すことは出来ません。

しかし、ゼロフォーマットは自分で分解や自作の出来る人ぐらいの知識が必要になりますので、リサイクルに出す時点では、多くの方のハードディスクにデータが残っているとお考えください。正規のリサイクルルートに乗せていれば、中身が流出することはほとんどありえませんが、ご心配な方はハードディスクを取り出して、物理的に破壊をするほうが間違いありません。

ただ、下手な破壊をするとリサイクルに出せなくなりますので、その点は難しいのですが、ご心配の方はご相談下さい。物理的な破壊をお手伝いすることも可能です。

ハードディスクの破壊料金 5,000円 
(デスクトップ、ノートパソコンなどに使用されている一般的なハードディスク)


・よく聞く回収業者?

多治見市でも、よく団地を中心に無料回収車が回っており、「パソコン、家庭用電気製品壊れていても回収しまーす」というアナウンスをしておりますが、少なくとも、ハードディスク内臓タイプのパソコンをそのような業者へ出すことは絶対にやめましょう。

基本的に法律上ボーダーラインな仕事ですので、モラルとか信用などと無縁の世界にいる人達も結構いるものですから、その気になればハードディスクの中身を復旧させて抜き出すことも十分出来ますし、過去に廃棄したパソコンからデータを抜き出して脅迫、いたずらに使う事件が何件もおきております。ぜひ正規のリサイクルルートで回収してもらいましょう。

パソコンには半導体が多数使われていますが、その半導体には金やレアメタルが多数使われております。金は伝導率が高いため、高速でデータをやり取りする半導体には欠かせない素材なんですが、半導体がたくさん載っている基盤を集めると、世界最高の金山よりも金の含有率が高いようで、安全に取り出す技術は必要ですが、取り出すことさえできれば、今後も値上がるであろう金を循環させることが出来ます。

無料回収車で回収されたパソコンは、まだそんなに古くないものは整備して中古品として売ることはありますが、中国などに中古基盤だけを輸出し、環境や人体に悪影響を及ぼす危ない方法で、金を取り出すこともあるため、環境のためにも、無料回収車にだすことは避けたほうがいいと思います。

パソコンリサイクルは正規ルートで適切に処理しましょう