多治見市の地上デジタル(地デジ)対応薄型テレビ・省エネ家電・パソコン・省エネ冷暖房エアコン

地上デジタル(地デジ)対応薄型テレビの買い時?

地上デジタル放送(地デジ)対応薄型液晶テレビ




・地デジ受信可能世帯は、とりあえずまず1台導入しましょう
・期限ギリギリに更新するのはちょっと危険かもしれません
・時期は今!



・地デジ受信可能世帯は、とりあえずまず1台導入しましょう

一人暮らしで1台しかテレビのないところは別ですが、2台以上テレビがある建物で、おりべケーブルテレビのベーシックコース以上に加入されている方か、ご近所でアンテナ受信で地デジを見てる人がいる場合には、できればすぐにでも1台は導入して下さい。

まず1台導入して、宅内配線などの設置環境を確認することはとても大切な事です。最初の1台で見られれば、アンテナかケーブルテレビの信号は、屋根(壁)からテレビを設置した場所までは有効であるとわかり、とりあえず安心できますが、その1台が映らない場合、電波の受信設備から検討しなければならず、デジタル放送が安定的に受信できるまでに時間がかかることもあります。


・期限ギリギリに設置するのはちょっと大変かもしれません

2011年7月24日アナログ放送停波(停止)




ギリギリまで待ってもいいんじゃない?

というお話をよく聞きますし、その気持ちも多少わかるのですが、期限ギリギリには商品の供給状況、工事の混雑具合がどのような状況になっているのかがわかりません。アンテナ、配線等の受信環境が確実に整っていれば、あとはテレビを入手して接続と設定だけすればことは足りますが、何らかの配線、受信調整が必要になった場合には大変なことになるかもしれません。

地デジを受信するためのアンテナ工事には、当然経験と機材が必要なため、工事可能な会社は多治見市全体でも限られます。

アンテナ、配線工事について、量販店はほとんど外注のため、自社では出来ず専門会社か地域家電店が行っておりますが、地域家電店はここ10年で1/3近くが廃業し、残っているお店も高齢化が進んでいるため、工事可能店舗は本当に少なくなってきました。

専門会社もありますが、多治見市内にはほぼないはずですし、期限前後の騒動だけでその後は沈静化が予想されるため、どこも大きく人員を増やすことは出来ないでしょう。特に1台も地上デジタル対応テレビが入っていない建物に新たに地デジ対応テレビを設置して、デジタル放送が映らなかった場合には、原因究明に時間がかかりそうだと、順番が後になるかもしれません。

私達は、どのようなアンテナ、受信工事でも出来る限り積極的に対応させていただくつもりですが、それでも工事予定が計算できないような混雑が発生しないとも限りません。そんな状況を避けていただくため、ぜひ急いで設置してください。本当に切実にお願いします。


・時期は今!

地上デジタル(地デジ)放送対応の薄型テレビは、液晶、プラズマの差がなくなってきておりどちらでもいい、とはいえますが、買い時の時期としてはもういいのではないでしょうか。いつ買ってもOKという感じです。

技術的にまだ多少進化し続けており、今後ももしかしたら多少安くなってはいくかもしれませんが、そろそろテレビという「モノ」としての限界に近づいてきています。

すでに32インチのテレビ10万円を切ってから久しいですが、50万以上もした時期もそれほど遠くない昔(10年近く前)にありました。32インチのテレビは横幅約80cm、重さは10kg前後ですが、それなりに高度な部品を使っている大型家電がこれ以上安くなるのは、「モノ」として無理があります。

買う側としては1円でも安いほうがいいに決まっていますが、売る側(メーカー)は「逆の立場」です。しかし、買う側の立場が強いのが当然といえば当然なのですが、過度の強さは無理が生じます。

すでに過当競争により、大手国内メーカーでまともに残っているのは、シャープ、パナソニック、ソニー、東芝の4社だけ。他にも日立や三菱がありますが、両メーカーとも数%のシェアがあるかないか。もちろん、あまり聞いたことのないメーカー製のテレビもありますが、大手メーカー製も安くなってきた中でわざわざそんなメーカー製のものを買う必要もなくなってきました。

大手メーカー製のテレビとはいっても、「亀山産」をキャッチフレーズにしてきた国内トップのシャープでさえ、安いテレビは中国のシャープ提携工場製パネルか、他メーカーの安いパネルを使うようになってきました。東芝、ソニーはもっと前から安い海外産パネルを使用しています。

もう、低価格化は限界まで来ているといっていいでしょう。ブラウン管テレビの末期?2000−2005年くらいには、数万円の安いテレビもありましたが、安いものはそれなりの性能と耐久性でした。安い薄型テレビもそろそろそんな時代を迎えつつあります。

今後の価格低下は、品質低下とほぼセットになってきますので、安いからといって喜んで購入すると、すぐ壊れるなどかえって損をすることにもなりかねません。それなりのメーカー製のそれなりのテレビを選んで購入しても、以前に比べればずいぶん安くなりましたので、ぜひ安すぎないテレビのご購入をお勧めします。