多治見市の液晶、パソコン・省エネ冷暖房エアコン
地上デジタル放送受信のためのアンテナ、テレビ、ハードディスクレコーダーの設置
レッツ地デジ、地上デジタル放送マーク




地デジはきれいに見えていますか?

デジタル信号はアナログ信号に比べてとってもデリケートというか、ノイズに弱いのでアナログ放送のようにちょっと映りは悪いけど何とか見える、ということはありません。デジタル信号は電波状態が悪くて、受信できないレベルになれば、ブロックノイズが出てまともな画像にならないか、まったく見えなくなるのです。

その地域に十分な電波が来ている限り、まったく地デジが映らないご家庭でも、アンテナからテレビまでの配線類をすべて換えれば受信することは可能です。アンテナ張替え、配線を各部屋へ引きなおし、分配器、ブースター取り付けもすべて行い、4台の地デジ対応テレビをすべて映るようにするとなると、最大で15万以上の工事費がかかることも考えられます。

もちろん、まったく工事の必要のないご家庭もあるのですが、多治見市や東濃地方のように古い住宅街が多い地域では、数千円単位のケーブルを買い換えないといけないご家庭を含めれば、何割かのご家庭が何らかの措置を講じなければなりません。つまり、テレビ換えるだけでは地デジは映らなくても普通ですよ、というお話です。

私達も、できる限りお客様の負担を減らすために最小限の工事をオススメしておりますが、今時4人家族でテレビが1台という家庭も珍しく、どこにも最低2-3台のテレビはあるため、どうしてもある程度の費用はかかることになるでしょう。

費用がどれくらいかかるかは、現場しだいですので見てみないとわかりませんが、ご心配の方はお気軽にご相談下さい。

ご相談についてはこちらのページへどうぞ

よく、NHKの地デジ普及番組や地デジのパンフレットなどで、配線ケーブルに関してだけ若干触れてはおりますが、現実はそんな簡単なものではありません。私達からテレビをご購入いただいた場合、地デジ受信の可不可はアンテナも含めてきっちりチェックしますが、量販店は販売と取り付けが別会社、もしくは別部門のためあまり連携が取れておらず、地デジ受信に関してはお客様まかせのようです。

もちろん、地デジに関してしっかり説明されている会社も中にはありますが、お客様側の知識不足もあり、きれいに受信できるはずなのに受信できていないケースも何割か存在すると言われています。私達が、量販店で買われたテレビの調子がおかしい、と相談を受けて多治見市内各所へ出かけた場合、びっくりするようなとんでもない取り付けをしてあるご家庭も珍しくありません。



地デジが映る条件は?

築10年以上の建物は一応チェックしましょう

2000年12月からBSデジタル放送が始まったため、その時点でようやくデジタル放送には、抵抗の少ない質の良い配線を使わなければならない必然性が発生しましたが、それ以前はデジタル放送を意識することはなく、安い配線をしていた可能性も十分ありえます。

実際には、10年ほど前からある程度、現在の品質に近いケーブルが使われてはいましたが、工事会社それぞれの考え方だけでこれといった規制はなかったため、「とりあえずアナログ放送の受信にはまったく問題がないので、ケーブルは安いもので十分」と考えた設置工事会社もあったことでしょう。

とはいっても、昔の規格のケーブルで電波抵抗が高くても、1台なら映る、という中途半端な場合もありますので、一概には言えないのが難しいところです。


築30年以上の建物は基本的に規格外

築20年でも怪しい場合も多いのですが、30年を超えて室内配線を一度も交換したことのない建物は、受信障害がある程度の確率で予想されます。30年前には地デジどころか、やっとテレビが一家に一台以上になりつつある時代でしたから、どこかの工事は必要と考え、地デジを見るためには、テレビ以外の出費をとりあえず計算しておいてください。


地上デジタル放送 要チェック項目

・アンテナ

地上デジタル放送(地デジ)対応アンテナ

地上デジタル放送はUHF帯ですので、UHF用のアンテナが必要です。多治見市内はほとんどUHFで受信しているはずですが、一部名古屋等、他地区の工事業者が設置したアンテナなど、名古屋のテレビ塔や、中津川の中継局よりVHF帯で受けていた地域もありますから注意しましょう。

とは言っても、一般の方はアンテナを見てもわからないでしょうし、私達も現場の状況(高い建物がある、山に囲まれている等)を見ないとわかりません。多治見市の地形は複雑なのです。


・分配器

地上デジタル放送(地デジ)対応分配器

アンテナにしろ、ケーブルテレビにしろ、各家庭における電波の入り口はほとんどの場合1箇所ですので、各部屋に配線を分配する、分配器が必ずどこかについています。

屋根にあるアンテナに直についていたり、屋根裏についていることもあるので、一般の方ではほとんど確認できないでしょうが、分配器の規格が古いとデジタル信号を通さないこともよくあります。


・ブースター

地上デジタル放送(地デジ)対応ブースター

電波は、分配をしたり機械を通すとどんどん減衰していって弱くなります。テレビ、レコーダーなどを、一つの配線から連結してあるところも多いのですが、電気製品を通って電気製品に入るわけですから、電波がある程度強くなけれ通常末端の電気製品であるテレビで受信することはできません。

そのため、レコーダーではちゃんと映るのに、テレビでは1、2局映らないということもよく起こりえます。そういった状況を防ぐため、弊社ではほぼすべてのアンテナ工事で、アンテナに直接、電波を増幅するブースターをつけるわけですが、他の設置業者は、時々工事事情によりアンテナにつけられなかったとか、後でブースターだけ交換したとか、様々な場所につけているため、交換時に苦労して探すことも多いです。


・ケーブル

太い同軸(配線)ケーブルを使ってあるか確認しましょう。「5C」という規格の同軸ケーブルが7mm前後ですので、このケーブルがアンテナから、屋根裏へ入ってテレビまですべて使ってあれば、とりあえずケーブルに関しては大丈夫な可能性が高いです。

しかし、屋根裏部分だけ違ったケーブルをつけてあるとか、後で配線だけ交換した場合に違ったケーブルをつけた、太いケーブルだけど品質が悪いものを使ってあるので、うまく映らないという場合もありますので注意しましょう。

テレビやレコーダーを買うと、箱の中に何種類かのケーブルが入っているのが普通ですが、その中にアナログやデジタル放送をレコーダーからテレビへ送る同軸ケーブルが入っている場合が多いです。

同梱されていてメーカーが責任を持ってくれるであろう安心なはずの同軸ケーブルでも、細い同軸ケーブルが入っている場合がまだまだあるため、映らないときにはそのケーブルを買いなおさないといけないこともあります。


・共同アンテナ

多治見市内には、地形や建物、高圧線の電波障害のため、十箇所以上の共同アンテナ網がありましたが、デジタル放送を受信するためには、共同アンテナの設備更新をしなければなりません。それが場所によっては1千万以上になるため、多治見市各地の発信局の電波状況を見極めて対応を決定されたところもあり、そのため設備更新が遅れたので連絡も徹底されていない事情もあったようです。共同アンテナ地域は十分注意してください。


おりべケーブルテレビとアンテナ受信どちらがいいか?

地上デジタル放送(地デジ)対応アンテナ?おりべネットワーク?

2007年の春に土岐南(妻木)局が開局するまで、デジタル放送を見るには瀬戸局からわずかにもれてくる電波を受けるか、おりべケーブルテレビに入るか、どちらかしか選択肢がなかったため、地上デジタル放送を受信するためだけに、おりべケーブルテレビに入る人もいらっしゃいました。

おりべネットワーク 多治見・土岐・瑞浪のケーブルテレビ+インターネット接続会社
 アンテナ受信ができない人には絶対必要。多チャンネルを楽しみたい人もオススメ。
 インターネット初心者で頼る人がいない場合には、ここからスタートするのがいいかも。

しかし、すでにおりべケーブルテレビが入っている場所でも、一部地域では土岐南局から電波を受信することができますし、2009年5月時点で共同アンテナ地域を除く、多治見市内の90%以上の地域がデジタル放送をアンテナで受信できるようになりますので、選択できる地域の人は、どちらがいいか考えていただいたほうがいいでしょう。

おりべケーブルテレビかアンテナ受信か迷ったらご相談ください