多治見市の液晶、プラズマテレビ・パソコン・省エネ冷暖房エアコン
地上デジタル放送受信のためのアンテナ、テレビ、ハードディスクレコーダーの設置
レッツ地デジ、地上デジタル放送マーク 地上デジタル放送対応アンテナ



多治見市のアンテナ受信

・初期費用負担はある程度しても、その後は壊れるまで無料
・受信レベルが地域や建物によってばらばら
・大規模災害時の復旧は工事会社の日程によるため、数日〜1,2週間かかる場合もある
・災害時には自己負担で直さなければいけない(保険は利きます)
・テレビ愛知が原則見られない(瀬戸局が入る極一部の高台は可)
・アンテナ受信で問題ない人は、基本的にアンテナ受信がオススメです


・初期費用負担はある程度しても、その後は壊れるまで無料

アンテナ交換をする場合の初期費用は、多治見は全般的に受信レベルが低く、ブースター必須なので安ければ59,800円(当社価格)。テレビ2−4台分の配線ケーブルを入れ替える場合で、壁沿いに露出させる方法だと10万−15万ほど。ケーブルを壁の中に入れる埋め込み型にすると、工事が難しくなるため金額が非常に高くなります。リフォームしたてのきれいな建物でなければ、できれば露出がオススメですね。

途中まで使える宅内の配線や、分配器があれば工事費が安くなりますので、それほど驚く金額にはなりません。アンテナは平均10年、宅内配線は増設をしない+ネズミにかじられない限り20−30年使えますので、一度配線さえ交換してしまえば、10年に一度アンテナを換えるだけで、トータルコストはケーブルテレビより圧倒的に安くなります。

具体的な金額はこちら 地上デジタル(地デジ)BSアンテナ工事


・受信レベルが地域や建物によってばらばら

多治見市内の同じ町内でも、山に隠れていて映らないとか、大きな建物や木の陰に隠れるとか条件が様々です。隣の建物がアンテナ受信で映れば、十分可能性は高いのですが、建物ごとの室内配線やアンテナの規格によっても工事金額が変わりますので、ご不安な方は早めにご相談下さい。

見積もりは無料です 地上デジタル(地デジ)BSアンテナ工事


・大規模災害時の復旧は日程が重なりやすいため、時間がかかる場合もある

台風、カミナリなどの自然災害に弱いのがアンテナの最大の弱点です。取り付けて数年のうちは、固定が効いていますのでほとんど倒れませんが、5年以上経つと固定器具も錆びてきて、強い台風や積雪が繰り返されると倒れるようになります。

大きな台風などの自然災害時には、当然多治見市中の多くの建物に影響を与えますので、アンテナが倒れるような災害時には、一度に多くのアンテナが倒れますから、復旧まで1−2週間かかることもあります。

過去多治見市内では、そんなに工事をお待たせするようなことはありませんでしたが、今後は温暖化現象による、自然災害の大型化が懸念されているため、台風が今まで以上に大きくなることも予想されますから、その時には・・・あきらめて待ってもらうしかないかもしれません。すみません。

一つのアンテナを建てて、受信調整まですると、最低数時間、工事箇所が多い場所では数日かかります。どんなに急いでも丁寧な工事を心がける限り、1日3件も回れません。今まで工事を主に行ってきた地域家電店は店主の高齢化による閉鎖が相次いでいるため、多治見市+周辺地域でアンテナを建てることが出来る人数はどんどん減ってきています。しかし、私達はがんばります。


・災害時には自己負担で直さなければいけない(保険は利きます)

自然災害による損傷ですから、すべて自己負担で直さなければいけません。ほとんどはアンテナを張り替えるだけですむと思いますが、地上デジタルアンテナだけでなく、BSアンテナも倒れるとそれなりの費用がかかります。火災保険などの損害保険メニューの中に、台風や落雷によるアンテナ損傷時の費用が補償される場合もありますので、できれば事前にご確認ください。


・テレビ愛知が原則見られない(瀬戸局が入る一部地域は可)

地上デジタル放送テレビ愛知マーク

地上デジタル放送(地デジ)の電波は、瀬戸局から土岐南局、そして多治見市内の各支局へ流れる予定ですが、その際にはテレビ東京系の岐阜県内の放送免許は、岐阜テレビですのでテレビ愛知は流れません。

そのため、確実にテレビ愛知を見るためには、おりべケーブルテレビに入らないといけませんが、瀬戸局から直接地上デジタル放送(地デジ)を受信できる地域が極一部ありますので(市之倉ハイランドや旭ヶ丘の高台の一部、滝呂団地の高台の一部等)、そこだけは視聴することが可能です。

テレビ愛知の一部の番組は岐阜テレビでも放送されますが、放送されない番組でもいい番組が結構ありますので、テレビ愛知にこだわる方は一部地域以外はおりべケーブルテレビへの加入が オススメです。


・アンテナ受信で問題ない人は基本的にアンテナ受信がオススメです

費用対効果で考えると、テレビ愛知と多チャンネルという条件さえこだわらなければ、電波が安定的に届いている9割以上の地域では、アンテナ受信がオススメです。

10年単位でコスト換算すると、アンテナ受信のほうが、たとえ自然災害で倒れるリスクがあっても半分以下になりますが、共同アンテナ網が地上デジタル放送(地デジ)に対応できない地域も何箇所かあるななど、現在の多治見市内の各中継支局網で、アナログ電波の映りが悪いところに関しては、デジタル放送がまったく受信できなくなることも考えられますので、おりべケーブルテレビにもがんばってもらわないといけません。

とりあえず、現在はアンテナで受信できる建物はアンテナで、おりべケーブルテレビの地上デジタル放送受信料金が月500円を切って工事費が無料になったら、おりべケーブルテレビへの加入がオススメです。